トナカイ飼育は伝統的なライフスタイルであり、先住民族にとって経済と文化の基盤となるものでした。トナカイはここ極北地方を代表する動物でもあり、現代のツーリズムに大切な役割を果たすようになってきました。フィンランドにおけるトナカイ飼育の地域はヨーロッパ連合の最も北部となり、はっきりとした四季が生活の基本を作り上げています。トナカイ飼育はこの地域で生活する人々に安定と継続的な生活を保障しています。

トナカイの毛皮と皮は伝統的に、手工芸品、装飾品、衣服、靴などに加工され利用されてきました。トナカイの皮革は環境にやさしい自然の素材です。

装飾品としてのトナカイの毛皮は個人宅、セカンドハウス、レストラン、ホテル、などのインテリア―として各地で使われています。トナカイの毛皮は、くつろぎ、身近に感じる自然、暖かみを提供してくれる為、
インテリアとしてだけでなく、焚火の周りやバーベキューシェルターの床、そりの上などに敷かれる使い方もあります。それらは昔からの伝統的な利用方法です。

028 トナカイ皮革は北極圏独特の自然素材を使った製品です。何世紀にもわたり、トナカイは食糧、衣服、装飾品として利用されてきました。最適なタイミングでトナカイの毛皮を収獲することはその商品の品質に大きく影響します。

取扱いに気を配ることにより、トナカイの毛皮はいつまでもその美しさを保つことができます。その製造工程には長い経験と卓越した技術が必要とされます。装飾品としてのトナカイの毛皮は厳しい検査をパスしたものだけが市場へ出されお客様の手に渡って行きます。

衣服やアクセサリー用に使われるトナカイの皮は、耐久性に富みながらも非常に柔らかい素材です。ゆえに世界的に有名なファッションブランドの多くがトナカイの皮を素材として好み、独特な衣服や装飾品に使うようになりました。供給に限りがありながら、実用性に富み北極圏のユニークなファッション素材として、その需要はますます増え続けています。

トナカイの毛皮の仕入可能数には限りがある為、素材を大切に扱い、注意深く丁寧な生産工程が重要になります。そしてそれこそが質の高い製品を作り出す要因ともなります。私達は、極北地方の伝統をこのような形でお客様に提供できることをとても誇りに思っています。

Factory image 2 – reindeer hides prepared by Pokka Reindeer Hides